民間で運営している有料老人ホームにはさまざまなタイプのものがありますが、介護付有料老人ホームというのは、施設内で介護サービスを受けられるというのがあらかじめ前提となっているもののことをいいます。
この場合の介護サービスというのは、たとえば身体にかかわるものであれば、食事の際の介添え、移動の補助、入浴や排泄といったものが挙げられますし、身体にかかわらない生活面でのものとしては、料理づくりやごみ出し、室内の清掃や整理整頓、衣類の洗濯などといったものが挙げられます。



ふつうの有料老人ホームでは、健康で自立している高齢者を受け入れてはいるものの、介護が必要となった段階になると、施設から出ていかなければならないようなきまりになっているものもあります。

介護付有料老人ホームの情報探しはこのサイトから初めてください。

しかし、この介護付有料老人ホームであれば、もともと介護サービスが前提ですので、ひきつづき入居したままで介護サービスを受けることができるというメリットが大きいといえるでしょう。また、在宅で介護サービスを受ける場合には、いつもスタッフがいるとは限らず、たいたい定期的な訪問となるため、なかなか不安なものですが、介護付有料老人ホームであれば、いつでも施設内にスタッフがいますので、急に体調が悪くなってしまったといった場合であっても、きめこまかなサポートを受けたり、あるいはそのまま提携している病院に搬送してもらったりということが期待できるため、その意味でも安心感が高いといえます。

NAVERまとめ情報を利用してみませんか?